フリーランスの失敗の責任についての考え方

人は誰しも仕事上の悩みを持つものですが、企業に勤めている人とフリーランスをする人とでは抱えていくものが異なります。見つめていかなければならないものが違うからです。

フリーランスをする人にとって最も切実となってしまうのが収支です。常に黒字になる状況を作り上げなければ生活が立ち行かなくなってしまいます。企業に勤めている場合には大小の失敗をしたとしても企業側がカバーして守ってくれるという側面があり、解雇されるほどの状況にならなければ生活上は心配がありません。しかし、フリーランサーとなった場合には状況が変わります。小さな失敗が波及効果を生んで事業が成り立たないという状況にすらつながってしまうのです。自分で犯してしまった過ちは自分で責任を取らなければならず、それがしばしば困難を伴うのがフリーランスを営んでいる場合の最大の悩みの1つでしょう。

しかし、誰しも失敗をしたくてするわけではありません。どれだけ失敗しないように心がけていても想定外のミスをしてしまうことはあります。こういったことで苦しまないためには、失敗はしても良いものであるというスタンスを確立することです。そして、それにできるだけ早くそれに気づき、状況が悪くなる前に対策を立てるのを全てに優先すればよいのです。他の仕事に優先してその失敗の責任を取る手段を考え、実践すると決めておくことで日常的に悩まされる状態から解放されることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です