IT分野でフリーランスになる資金繰りは

IT分野のスキルを身に付け、いよいよフリーランスとして開業する場合に、自己資金が開業資金を上回っているのであれば問題ありませんが、自己資金は開業資金に満たないことが多くあるものです。開業準備資金と運転資金の内容などをもう一度精査してから資金の調達方法を考える必要があります。

資金は色々なところから調達することができます。最初に検討したいのが配偶者であり、事業主本人と生活を共にしているわけですから、場合によっては配偶者に事業を手伝ってもらえることもあるでしょう。親や兄弟も比較的借りやすい相手となりますが、甘えは禁物であり、万が一の場合はトラブルになることがありますので注意しなければなりません。

友人や知人はどれだけ事業の内容を理解してもらえるかがポイントになりますが、後々になって問題が発生するリスクを考えると頼らないのが良いでしょう。

このように考えた場合、どこも頼れないと思わずに、政府系金融機関からの融資を検討するという選択肢も視野にいれるのが良いかもしれません。その他には、自治体の制度融資や民間金融機関などというのもよいでしょう。

さらに考慮したいのがこれまでIT分野で働き、エンジニアやプログラマとして一人立ちするということであれば、それまでお世話になった企業に融資をお願いするという手段もあります。上手く行けばそこからさらに仕事の幅が広がる可能性もあり、悩みが解決できる一つの手段となります。

独立すると自由を手に入れると同時に、さまざまな悩みがでてきます。
そんな悩みを解決に導くサイトを見つけました。こちらの≪その悩みちょっと待った!フリーランスサポートナビ≫を参考にしてみると解決の糸口が見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です